うつとわたし

抗うつ薬の副作用で記憶力が低下してゴミ箱をあさるわたし

脳どうなってんねん!

最近のわたしの心の中の口癖。2020年1月にうつ病と診断されて処方されている抗うつ薬レクサプロ。徐々に量も増えて今はMAX20mg飲ませていただいている。(いただいてる?)

レクサプロの効果

 

レクサプロは、うつ病・うつ状態、社会不安障害に適応が通っている薬剤です。

例えば、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になるなどの心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けるお薬です。

https://hidamarikokoro.jp/sakae/blog/

これを飲みはじめて不安感・悲観的な思考・何もできない焦り・苛立ち、あの心がズーンと鉛のように重く詰まる感じが軽減された。もともとは明るいポジティブ思考の性格だった為効果を感じるのが早い方だったのではないかと思う。しかし、体力がなく疲れやすく、睡眠の質が悪いことが足を引っ張り今も尚飲み続けている。もうすぐ1年と半分。減薬の傾向なし。

うつ病の原因は脳内のセロトニン濃度の低下説

 

セロトニンとは、脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっており、不足すると脳の機能の低下が引き起こされたり、心のバランスを保つことが難しくなります。

https://hidamarikokoro.jp/sakae/blog/ 

 

これを助けるのがレクサプロのお仕事というわけだ。

レクサプロの副作用

 

  1. 1日1回の服用で効果が持続す
  2. 効果が高い
  3. 副作用が少ない

とされているが、副作用はある。わたしは以下のような症状が出た。

  • 投与初日の吐き気
  • 中途覚醒
  • 頭痛
  • 口渇
  • 記憶力の低下

 

今一番困っている記憶力の低下

 


今月はすでに2回もどこに置いたか分からずにゴミ箱をあさってモノを探すはめになった。副作用と分かっていても悔しいし恥ずかしい。でもちょっと笑える。(ここがうつむきちゃんのいいマインドだよね)

結局1回目は見つからず報告書を書くことに。2回目は何度も探したはずのポケットから出てきてみんなを困らせて終わった。職場の人たちには病気のことを理解してくれていて感謝しかない。迷惑をかけていることはとても反省している。

感覚としては一瞬記憶が飛ぶような感じ。その時のことがどうやったって思い出せない。記憶にない。(えーと何をしていたっけ)とフリーズしていることも多い。とにかく脳がごちゃごちゃうるさい。とっちらかってる。そういう時に起こる。

仕事中はは特に作業中に声をかけられて接客に入り、質問されて調べ物をするなど次から次に行動が変わる。働いている上でも生きている上でも当たり前のことだが、とても混乱する。

メンタルクリニックの先生に相談する

もしかして若年性認知症なのかと不安になり、主治医の先生に報告するとあっさり「副作用だから仕方ない、もう少し我慢してね。」と言われてすん。とする。でもそれなら仕方ない。注意していくしかない。

病気にも薬にも負けない!けど向き合う!

うつ病は治った方がいいに決まってる。でも焦ってはいない。うまく向き合ってゆっくり自然に治したい。この記憶力の低下について対策を考えた。

 

  1. 仕事中は無くしてはいけないものはすぐしまう
  2. すぐしまえなくても絶対決めたところに置く
  3. メモは取りすぎるくらいにとる
  4. 聞こえない独り言で行動確認する(あ、ちょっときもくて嫌だけど)
  5. 無くしても忘れても恥ずかしがらずに頼る

 

書き出してみるとすごい低レベル。それがうつ病。

うつむきちゃんはうつ病さえネタにして今日も生きている。とてもえらい!ではまた!