バレットジャーナル

わたしのバレットジャーナルマンスリーログの書き方

マンスリーログの書き方アイキャッチ画像

こんにちは、mineです。

今回はわたしのバレットジャーナルのマンスリーページの書き方を紹介します。

マンスリーページに書きたいこと

マンスリー(月間)なので1ヶ月を俯瞰して見ることが出来るというのが特徴です。

スケジュールを書くのが一般的な使い方ですが、
支出、食事、体調などのログ(記録)を書いたりも出来ますよ。

まずは自分がマンスリーログに何を書くかを明確にします。

わたしが書きたいことは

  1. 自分のスケジュール
    午前と午後に分けたい
  2. 娘のスケジュール
    予定とは別に部活の予定を書きたい
    出欠の記録を残したい

フォーマットを考える

マンスリーで多いのはカレンダーのようなブロックタイプです。
しかし、先ほど書いたようにいくつかの書きたい項目がある場合、1マスに記入すると何の内容か分からなくなってしまいます。

例えば、書きたい項目が自分一人のスケジュールで、午前と午後に分けたい場合は1マスに横線を引き、2分割して記入する方法もあります。

わたしの場合、大きな項目が2つで、更に細かい項目に分けて全部で5つになるので、ブロックタイプは不向きです。日付を縦1列に記入したタイプにしています。

書きたい項目に合わせたフォーマットを考えましょう。

フォーマットを完成させる

1.ラインを引く

実際、ノートにラインを引いてフォーマットを作っていきます。
失敗が不安な人はまず消せる筆記用具でラインを引く箇所に目印をつけていくといいですよ。

2.日付と曜日を記入する

次に日付と曜日を記入していきます。
数字を毎月書くのが面倒なあなたにはicco nicoの貼暦(ハルコヨミ)がオススメです。

3.項目のタイトルを記入する

項目のタイトルを記入して2月のマンスリー完成です。

バレットジャーナル2月のマンスリー画像

少し余白があるくらいの方が、メモスペースとして使えます。

あとは1ヶ月間記入してみて、使いにくさがあれば、翌月のフォーマットを作成するときの参考にします。

バレットジャーナルはフォーマットの変更が自由に出来るのが魅力のひとつですね。

 

それでは、素敵な手帳ライフをお過ごしください。mineでした。