暮らしの工夫

家計簿に挫折しないためにやっている3つのこと

家計簿に挫折しないためにやっている3つのこと

家計簿を挫折しちゃうあなたへ

あなたが家計簿をつける理由はなんですか?

無駄使いを減らしたい、貯金を増やしたい、やっぱりお金ってないよりもあった方がいいですよね。

どのくらいお金を持っていて、どのくらいお金を使っているか知るために家計簿をつけるのが良いとは分かっていても、ついついつけ忘れて状況把握が出来なくなり挫折…なんてことはよくある話です。

わたしも家計簿をサボって収拾がつかなくなることありました。計算が合わなくなって、何にいくら使っているのか正しい金額が出せているのかもわからず。これでは家計簿をつけている意味はないですよね。

最近ではスマホで簡単入力出来るアプリや、レシートを撮影するだけのアプリもあり、家計簿をつけやすくはなったのではないでしょうか。

それでも結局アプリに入力したり、レシートを撮影するのはあなた自身!それさえもサボってしまえばつけてないのと同じです。

まず大切なことは「家計簿つける必要ありますか?」ということです。

なんとなくつけているのならやめちゃいましょう。明確な目的がないなら時間の無駄です。サボった時の罪悪感を感じる必要がなくなります!

家計簿をつけないことで借金をしたり破産してしまうようなら考えものですが、収入の範囲で生活出来ているのであれば必ず家計簿をつける必要はないと思います。

 

目標はただひとつ、収入>支出にすること

先ほど明確な目的がないなら家計簿はつけなくて良いとお話しました。
ここであなたの家計簿をつける目的を考えて見て欲しいと思います。

支出を減らしたい、貯金を増やしたい場合、一体何にいくらか使っているのかを知る必要があります。

現状を知るという意味で最低でも3ヶ月、理想は1年間すべての支出を記録するのが良いです。

1年も無理!と思うかもしれませんが、前年比という形で比べることが出来るので頑張りましょう。

…いやいや、これはただの理想論でしかないです!そんなの出来るならこの記事読み進めてないよ!ってはなしですよね。

わたしの目的はただひとつ、収入>支出にすることとしています。

ちなみに現時点での目標達成率はめちゃめちゃ低いです。(小声)

この目的のためにやっていることが『家計簿をつける』なんです。

大切なことなのでもう一度言います。

家計簿をつけるのが目的になってはダメです。
目的のために『家計簿をつける』なんです。

 

家計簿をつけるためにやっていること

目的のために『家計簿をつける』と決めたら挫折したくないですよね。
そして出来るなら目的は達成したい!そのためにやっていることをご紹介します。

1.レシートを必ず貰う

支払いをしたときは必ずレシートを貰います。レシートが出ないときもスマホのメモ帳にすぐに記録。それくらいマストです。

クレジットや電子マネーで支払いをした時も必ず貰っています。口座引き落としは通帳記入で代用しています。

とにかく支出したという形跡を残す。
これさえ習慣にしておけば家計簿の記入が遅れても大丈夫です。

逆に言うと中途半端にレシートが抜けてしまうなら支出を記録する意味はないくらいです。1円単位まで合わせるという意味ではないです。3000円外食で使用したのにレシートを貰い忘れて記録出来ないなら、本当の支出は把握することが出来ないということです。

2.支出は毎日記録する

これは経験上毎日つける方が断然楽です!本当に数分のことです。

仮に1日分をその日につけて1分かかるとして、1週間分まとめてつけたとしても単純に7分とはいかないものです。記録はためればためるだけ把握に時間がかかります。

わたしはその日のうちに財布から出して記入→記入済みのレシートを入れるところに保管するようにしています。

実際はさぼる日もあります(小声)ただ絶対毎日つける方が断然楽です!(2回目)

3.費目は少なく簡単に

支出を記録するときの費目は出来るだけ少なくするのがおすすめです。食材も外食もお菓子も食べるものは全部『食費』それくらいシンプルに。

収入>支出だけにこだわるなら費目はなくても大丈夫です。

支出の割合を知りたい費目だけ決めるというのもいいかもしれません。
例えば、ついついカフェに寄ってしまう人は数ヶ月間だけカフェ代のみ費目を設けてあとはその他支出で記録するなど。

とにかく続ける為には細かい費目は不要です。

 

子供の頃つけた小遣い帳を思い出して

この3つを習慣にするだけで家計簿のハードルは随分下がります。

いくら貰って、いくら使ったか。
何に使ったかよりも、使ったらすぐにつける。

これに気づいたのは娘のおかげです。

小遣い帳の金額が合わない娘に対して「レシート貰ってないからでしょ」「1ヶ月まとめて計算しようとするからでしょ」と言ってる自分にハッとしました。

それが出来ていないのはわたしも同じだ。

そこからなるべくシンプルな家計管理を目指して、収入>支出が毎月続くように今も試行錯誤を続けています。