シュウカンエッセンシャル

シュウカンエッセンシャル-集中して行動するわたしのテーマ52-『プレゼン試験のモー練習』

シュウカンエッセンシャルアイキャッチ画像

こんにちは、mineです。

『シュウカンエッセンシャル-集中して行動するわたしのテーマ52-』では、1週間に1つテーマを設けて1年間に52個の特別な自分時間を過ごすという試みを行っています。

今回のテーマ『プレゼン試験のモー練習』

今日、整理収納アドバイザー1級2次試験を受験してきました!

10週目のシュウカンエッセンシャルでお伝えしてから1ヶ月と1週間、実作業→資料作成→プレゼン原稿作成+プレゼンコーデなど濃い期間になりました。

『整理収納アドバイザー1級2次試験準備』

『プレゼンコーデを考える』

実作業は祖母に依頼

2次試験は20分間のプレゼンテーション発表です。
【提案編】と【実作業編】どちらかを選び、両面可能の5枚10ページまでの資料を準備し3〜5人のグループに分かれて発表します。

わたしは【実作業編】を選びました。
過去の例をネットで調べても圧倒的に【実作業編】を選んでいる方が多かったからです。今日一緒のグループになった3人も全員【実作業編】を選んでいました。

LINEで整理収納体験したい人を募集しましたが、ほとんど反応がなく、声をかけてくれた友達もお掃除屋さんと勘違いしていてお断りしました。

具体的にどんなことをやる資格かを伝えるところから苦戦・・・

結局家族である祖母にお願いしました。
はじめは困惑した様子でしたが、丁寧に伝えることと、しっかり話を聞くことで作業も順調に進み、最後は喜んでくれて一安心でした。

初めての資料作成はkeynoteで

PCスキルは職場でパワポとエクセルで売り場POPを作成する程度。
プレゼン資料の作成は今回はじめてでした。

わたしのMacBook ProにはOfficeを入れていないのでkeynoteを使いました。
資料作成の本はどれもパワポだったので使い方はyoutubeで基本を確認。

「これは10ページ分作りきれるのか…」
はじめは気持ちだけ重くなっていましたが、直感的に使えるのですぐに慣れていきました。

参考にした資料作成の本はこちらです。
プレゼンや資料作成に縁もゆかりもなかったわたしでも分かる内容です。
これがなければ迷走したままうまくいかなかったと思います。

ブログが役立った原稿作り

完成した資料作成を発表するには絶対原稿が必要だと思いました。
それが例えただ読むだけになってしまったとしても、頭が真っ白になり何を伝えているか自分さえも分からなくなるよりはよっぽどマシです。
本番原稿を見ないとしてもこれまで準備してきたお守りになるのでオススメします。

「ブログは1000文字以上が基本!とか言うけど、20分のプレゼンは何文字なんだろう?」

調べてみるとプレゼンはおよそ1分間で300〜400文字と書かれていました。
単純計算で300文字×20分=6000文字

未知の文字数です。でも内容的にはかなり伝えたいことがたくさんあったのでとにかく書いてリライトしていこうと思いました。

この作業をやっているとき心底ブログをやっていてよかったと思いました。
例え週1更新でも文章を書くことが習慣化していて全然苦じゃなかったです。

発表の練習は数回だけ

最後の1週間は練習に当てました。「モー練習」とか言っておきながら資料と原稿が出来てちょっと満足しちゃって怠けちゃいました。
(ちなみにモーは大好きな和牛さんにかけてます)

本番はどんなに気をつけても早口になるので、練習の時点で20分超えていなければタイムオーバーになることはまずないと確信していました。

最初の練習で16分台だったので少し原稿を足して、その後は17~18分。
とにかくゆっくりはっきりとした声で読もう。
喉が弱いんですが、それはどうしようもないので噛んだり声が裏返ったりかすれたりするのはもう開き直ろう。本当に片手で数えられるくらいしか練習しませんでした。

試験の様子

試験会場は大阪でした。
早めについたので控え室で待機。

試験時間は説明を含めて3時間。
グループごとに別室に移動し、発表順番はくじで決定しました。

他の受験者の発表の時は聞くだけではなく評価シートを書きます。
この評価シートに対する採点もあり、不真面目に記載していると減点されるそうです。

わたしは4人中3番目の発表でした。うーんこれは早ければ早い方が荷が降りて、他の受験者の発表に集中できるのでは…と思いました。

発表は案の定噛んだり声が裏返ったりしましたが、試験官の方も他の受験者の皆さんもはじめから温かく空気作りをしてくれたので、無事やりきれて安心しました。

他の受験者の皆さん全員本当にしっかりとしたプレゼン内容で素晴らしかったですし、刺激をたくさん受けました。

実は一番心配だったのはトイレでした。
当日「試験中トイレに行ってはいけない」とは言われなかったものの、1次試験の時はそれらしいことを言っていて、トイレ近い&緊張するとお腹が痛くなるわたしは不安で仕方ありませんでした。

他の受験者の発表に集中できたことと、発表を聞くことと添削することであっという間に時間が経過していくのでトイレ問題は大丈夫でした。

これからのこと

試験終了後は同じグループだった受験者の方と資料交換したり、これまでのことや今後のことを駅までお話しさせていただきました。

皆さん実際に仕事にするかは未定だそうです。

わたしも同じです。

整理収納アドバイザーの仕事だけで生活していけるのかも検討がつかない状態で仕事を辞める覚悟は出来ないのが本音です。

けれど、ただ資格を取りたかっただけではないので、必ずこの資格を生かせる活動をしていこうと決めています。

自分ができることを増やして、それらを掛け合わせいき、自分にしかできない自分になる!

まずは2ヶ月後、晴れて整理収納アドバイザーになることを祈って…

 

次回のテーマ『休む』

この1ヶ月と1週間の準備期間にシュウカンエッセンシャルで別のテーマを組んでしまったことは本当に失敗したなと感じています。

「ブログのネタのために」みたいなことになって、結局別テーマと試験対策2つで集中出来ていないこともあり反省したりもしました。

試験が終了してひと段落ついたので、思い切ってテーマ自体を『休む』にしてみます。

けれど、試験が終了したので大きな「しなければならないこと」はなくなりました。
今後はこのブログに力を注いでいきたいなと思います。

いつも見てくれている皆さんありがとうございます!

以上、mineでした。